子なし専業主婦の右往左往

病弱主婦が日々考えていること

繊細で単純なこころ

今日は、病院に行って、駅ビルで買い物をした。
なぜか、たくさん人に見られた気がする。なぜだろう。
いつもの病院の受付のお姉さんに、待合室でチラチラ見られてたような。
お店で気になる商品に値札がなくて声をかけた店員さんも、変な顔をしていた気がする。
被害妄想だろうか、病気(注察妄想)…、ではないと思うけれど。

目が血走っていたからだろうか。
冬になると乾燥のためか、目が充血する。アレルギー性結膜炎と言われたこともある。

服装がダサかったからだろうか。
今日の格好、ベージュのダウン、丈は短い。無印のボーイフレンドデニム。
赤系のチェックのストール。足元は黒のnew balance
髪は数日前にパーマをかけた。ワックスなどつけていないからちょっとボサボサだ。
まだそこまで寒くないのにダウン。着ぶくれて見える、しかも前はしめていた。
デニムも中途半端に余裕があって太ももがブカブカして、ショッピング中、鏡に映った姿は、たしかに垢抜けない学生のようだった。
人が少ない時間帯、眼鏡屋の店員のおじさんに、歩く姿を目で追われていた。

もしかして、霊がついているのかもしれない。
霊感のある人に見てもらいたいような、見てもらいたくないような…

まさか、盗撮された写真が流出したとか?
「○○駅によくいる、□□□(なんか悪口)な女」みたいなのが、
写真つきで出回っていたりして。
思わずネットとツイッター、検索してしまった。

薬局の調剤事務の人や薬剤師さんも、心なしか冷たかった。
軽く読書していこうかと入ろうとしたカフェも満席だった。
こういう日あるよね!ダメな日は何してもダメ!と思って早々に帰宅。
自転車で走ってる途中、道に落ちてたビニール袋が車輪にからまった。
やっぱり運が悪い…

スーパーの前を走って、駐車場の入り口を通ろうとした時、
整備員のおじさんの手信号を無視して車が入ってきた。私は止まって待った。
整備員のおじさんは、黙って車の後ろ姿を見送ると、「ごめんねえ…たいへんお待たせしました」と謝ってくれた。
車に強引に行かれたことさえ、不運な自分の責任だと感じていた私は、
すごくありがたかった。
おじさんの一言のおかげで、帰ってからも無性に悲しい寂しい気持ちにならずにすんだ。

単純だなあとつくづく思うけれど、
ほんのちょっとしたことで、
人は掬いあげられると思う。
人は救われると思う。