子なし専業主婦の右往左往

病弱主婦が日々考えていること

母と私

お題「最近見た夢」

 

文章修行のために、お題スロットを使うことにした。

お題が難しかったとしても、そこで頭を使って、記憶を手繰り寄せ、文章をひねり出すことに意味がある。

それこそが文章修行。

なので、書きやすいものを選んだりせず、どんなお題でもチャレンジすることにする。

(と言いつつ、何回かスロット回したけど…)

 

一昨日くらいに、母と衝突した夢を見た。持病を早く治しなさい!!と一方的に怒鳴られる夢。私も反論したけど、全く話が通じずに悲しくなった。

 

私は潰瘍性大腸炎という病気を患っているが、幸いそんなに酷くはなく、今も寛解中で、飲み薬のペンタサと座薬でほぼコントロールできている。1年か2年に1度再燃するが、その時はとにかくお腹が痛くて、1日のトイレ回数が12回くらいになったり、出血したりする。でも薬をいろいろ増やして様子を見ていると、数週間でなんとか落ち着くので、入院も救急車も今のところ経験していない。

ただ再燃時はトイレから離れられないので、10数年前の発症当時から母には心配をかけている。

潰瘍性大腸炎は原因不明、寛解と再燃を繰り返すけれども完治はしないと言われていた。しかし最近では、健康な人の腸内細菌を移植すれば治る!、という「糞便移植療法」と呼ばれる治療法があるらしい。

 

その治療法を、夢の中で母に、「やりなさい!!」と言われたのだった。

 

でも、今は潰瘍性大腸炎よりも、各種精神疾患の方が生活に支障をきたしている。抑うつパニック障害、不安障害。当事者としては、こっちをなんとかする方が明らかに先決なのだ。で、「それより精神疾患の方が大変なんだけど!!」って抗議したのに、母は聞く耳持たず持論をまくしたてるだけだった。夢の中で凹んでしまった。

 

2年前からツイッターにメンタル疾患持ちとしてアカウントを作ったけれど、鬱やパニック障害、不安障害を長い間患ってる人には、アダルトチルドレンの人が多いなあと感じている。それで、私ももしかしたらACなんじゃないかと疑っていた時期がある。今回の夢で、またそのことを思い出した。

 

母はルールに厳しい人ではあったと思う。中学生の時に友達の間でCDの貸し借りが流行っていて、私もみんなの輪に入るためにやりたかったけど、持っていくことは許されなかった。当然門限もあったし、大学生の時に初めてオールをした時には1週間口をきいてもらえなかった。ひっぱたかれたこともつねられたことも、家から閉め出されて鍵をかけられたことも数えきれない。

でも、そのことと愛情とは別問題だった。愛されていないのでは?と考えたことなど1度もなかった。

 

大人になってパニックを発症した10年くらい前から、母はメンタルの疾患に理解がないなぁと感じることが増えた。たとえば、実家に帰っているとき、私が夜に体調日記をつけていると、「そんなの書いてるから具合悪くなるんだよ」、などと言われる。「病は気から」と信じているタイプの人で、具合が悪そうにしていると怒られる。こっちは辛い素振りをすることもできない。症状でしんどいのに、そのしんどさを表に出さないように振る舞うのは輪をかけてしんどかった。

 

それでも、最近になって態度が軟化したなぁとも思う。実家近くの病院に検査に行くために実家に帰省しても、当日朝体調が悪くて行けない時もあって、最初のうちは怒られたり呆れられたりしていたけれど、私が意気消沈していると、何も言わないでいてくれるようになった。母なりに理解しようとしてくれているのを感じる。

 

せっかちで、シャイで、思ったことをズバズバ言ってしまうのは母の性格だ。私も大人になって、母も1人の人間なんだなとわかるようになった。母が毒親の条件から全て外れているとは思わないけれど、私の病気は母に影響されたものではないと信じる(毒親の要素が全くないという人も、珍しいのかもしれない)。

その証拠に私は大学生まで伸び伸びと学生生活を楽しんでいたし、鬱なんて自分から遠すぎてわからなかったし、自己肯定感も十分だった。

 

鬱やパニックや不安があっても、しんどい、行けない、できない、と言っているだけではいつまでも回復しないのは自分でもよくわかっている。せっかちな母は見ているだけでイライラしてしまうかもしれないけれど、黙って見守ってくれたら有難いと思う。

先週、パニックや不安障害から抜け出せるきっかけみたいなものを掴めた感じがして、今はだいぶ前向きに症状と向き合えるようになっている。春は毎年大きく調子を崩すのだけれど、今年の春はうまく乗り切れるだろうか。