子なし専業主婦の右往左往

病弱主婦が日々考えていること

繊細で単純なこころ

今日は、病院に行って、駅ビルで買い物をした。
なぜか、たくさん人に見られた気がする。なぜだろう。
いつもの病院の受付のお姉さんに、待合室でチラチラ見られてたような。
お店で気になる商品に値札がなくて声をかけた店員さんも、変な顔をしていた気がする。
被害妄想だろうか、病気(注察妄想)…、ではないと思うけれど。

目が血走っていたからだろうか。
冬になると乾燥のためか、目が充血する。アレルギー性結膜炎と言われたこともある。

服装がダサかったからだろうか。
今日の格好、ベージュのダウン、丈は短い。無印のボーイフレンドデニム。
赤系のチェックのストール。足元は黒のnew balance
髪は数日前にパーマをかけた。ワックスなどつけていないからちょっとボサボサだ。
まだそこまで寒くないのにダウン。着ぶくれて見える、しかも前はしめていた。
デニムも中途半端に余裕があって太ももがブカブカして、ショッピング中、鏡に映った姿は、たしかに垢抜けない学生のようだった。
人が少ない時間帯、眼鏡屋の店員のおじさんに、歩く姿を目で追われていた。

もしかして、霊がついているのかもしれない。
霊感のある人に見てもらいたいような、見てもらいたくないような…

まさか、盗撮された写真が流出したとか?
「○○駅によくいる、□□□(なんか悪口)な女」みたいなのが、
写真つきで出回っていたりして。
思わずネットとツイッター、検索してしまった。

薬局の調剤事務の人や薬剤師さんも、心なしか冷たかった。
軽く読書していこうかと入ろうとしたカフェも満席だった。
こういう日あるよね!ダメな日は何してもダメ!と思って早々に帰宅。
自転車で走ってる途中、道に落ちてたビニール袋が車輪にからまった。
やっぱり運が悪い…

スーパーの前を走って、駐車場の入り口を通ろうとした時、
整備員のおじさんの手信号を無視して車が入ってきた。私は止まって待った。
整備員のおじさんは、黙って車の後ろ姿を見送ると、「ごめんねえ…たいへんお待たせしました」と謝ってくれた。
車に強引に行かれたことさえ、不運な自分の責任だと感じていた私は、
すごくありがたかった。
おじさんの一言のおかげで、帰ってからも無性に悲しい寂しい気持ちにならずにすんだ。

単純だなあとつくづく思うけれど、
ほんのちょっとしたことで、
人は掬いあげられると思う。
人は救われると思う。

 

 

 

今年3回目の…

風邪をひいてしまったらしい。

昨日から少し喉に違和感があった。夜は痰が詰まったりして、ただでさえ睡眠障害なのに、さらに寝付きを悪くした。

今日は朝から蜂蜜を舐めて痛みを紛らわせていたが、昼過ぎには誤魔化せなくなり、そう言えばだるいなぁ、あれれなんだか足の関節も痛いような…?と嫌な予感がして熱を測ると、37.5度あった。せっかく寝込む日々から解放されて、元気に動ける今はとても貴重な時間なのに、、嫌だー風邪ー!!

 

食欲はあるので、レトルトのクラムチャウダーにご飯を投入したなんちゃってリゾットを食べて、銀翹散をお湯に溶いて半分ほど飲み、布団に横になった。早めに仕事を切り上げてくれた夫が帰って来る頃には、一緒に買い物に行ける程度に元気になった。夕ご飯を作ってもらい、おかわりもしたけど、食後には…ちょっとめまいがするかも。気のせいかも。でも柴苓湯減らしてるからかも。銀翹散も飲んでるので、甘草の量にビクつきながら、柴苓湯も微調整。

 

明日は少し良くなっていますように!

そして今晩、ちゃんと眠れますように!

 

 

生の密度を濃くする

 

約5ヶ月ぶりにしれっと更新。

 

先月まで、本当にろくでもない体調だった。

7月はほぼ寝込んでいた。

大切な予定がいくつもあったのに、不義理なことをたくさんしてしまった。

持病のUCが悪化して、入院一歩手前だったのと、重度の不眠になってしまい、

毎晩朝まで眠れない&日中は変な動悸(不整脈期外収縮?)に悩まされた。

免許更新に行ったら、講習中に倒れてしまって、そこでも迷惑をかけた。

 

UCの薬を増やし、弱めの睡眠薬も処方してもらって、先週くらいから少しずつ回復してきた。

今は食欲も出て、お腹の調子もだいぶ良くなった。三連休は久しぶりに出かけられた。

ランチを美味しく食べられて、本当に本当に幸せだった。

 

 

先月までに比べたら圧倒的に良くなったけど、まだ不調はある。

今は、脳が浮き上がるような感覚に悩まされている。

 

今後、全く体調不良に悩まされることがない日々は、来ないかもしれない。

もちろん、健康体を目指していくつもりではあるけれど。

漢方治療だって始めた。

 

でも、一時よくなっても、またそのうち悪くなるのだ。

もう10年近く、体調には波がある。1年まるまる元気という年はなかった。

ずっと、不安を抱えながら生きるんだろうなと、諦めとともに考える。

 

 

こんな体調だけど、まだ死にたくないなあと思う。

癌とか怖くて、新たな症状が出るたびに猛烈にネットで調べたりしてしまう。

 

でも、この世に生まれた以上、どう頑張っても死からは逃れられない。

隅々まで検査したって、不安がなくなるわけじゃない。

 

私は、死が怖い。

でもそれは、まだやりたいことがあるからだ。

今の状態で死んだら後悔するから。

何者にもなれなかった、と、自分に納得できないまま死ぬのは辛い。

 

今まで、1日でも長く生きたいと思っていたけれど、

今は、生の濃度を上げるべきだ、と思っている。

 

これをやらなきゃ、死ねない。

そういうことを、もう、ドンドンやっていかなきゃ。

今、すぐに。今日から。

体調が万全に回復するのを待っている暇はない。

 

人生残り少ないと言われたら、あなたなら何をするだろう?

持病を気にせず、好きなものを食べる?

貯金を使い果たして、欲しいものを買い尽くす?

たくさんの人に会いに行く?

家族や、大切な人に想いを伝える?

 

私は、もちろん、そういうこともしたいけれど…

何よりも、

たくさん書いて、自分の考え・文章を遺したい。

それが私の、「これをやらなきゃ、死ねない」。

 

いっぱい読んで、いっぱい書きたい。

書くことで人生をいっぱいにしたい。

 

寿命が短かろうが、病弱だろうが、

生の密度を濃くして、ぎゅっと詰まった人生にしたい。

そうすることが、

病気や死の恐怖から逃れる唯一の方法だと、今は思っている。

母と私

お題「最近見た夢」

 

文章修行のために、お題スロットを使うことにした。

お題が難しかったとしても、そこで頭を使って、記憶を手繰り寄せ、文章をひねり出すことに意味がある。

それこそが文章修行。

なので、書きやすいものを選んだりせず、どんなお題でもチャレンジすることにする。

(と言いつつ、何回かスロット回したけど…)

 

一昨日くらいに、母と衝突した夢を見た。持病を早く治しなさい!!と一方的に怒鳴られる夢。私も反論したけど、全く話が通じずに悲しくなった。

 

私は潰瘍性大腸炎という病気を患っているが、幸いそんなに酷くはなく、今も寛解中で、飲み薬のペンタサと座薬でほぼコントロールできている。1年か2年に1度再燃するが、その時はとにかくお腹が痛くて、1日のトイレ回数が12回くらいになったり、出血したりする。でも薬をいろいろ増やして様子を見ていると、数週間でなんとか落ち着くので、入院も救急車も今のところ経験していない。

ただ再燃時はトイレから離れられないので、10数年前の発症当時から母には心配をかけている。

潰瘍性大腸炎は原因不明、寛解と再燃を繰り返すけれども完治はしないと言われていた。しかし最近では、健康な人の腸内細菌を移植すれば治る!、という「糞便移植療法」と呼ばれる治療法があるらしい。

 

その治療法を、夢の中で母に、「やりなさい!!」と言われたのだった。

 

でも、今は潰瘍性大腸炎よりも、各種精神疾患の方が生活に支障をきたしている。抑うつパニック障害、不安障害。当事者としては、こっちをなんとかする方が明らかに先決なのだ。で、「それより精神疾患の方が大変なんだけど!!」って抗議したのに、母は聞く耳持たず持論をまくしたてるだけだった。夢の中で凹んでしまった。

 

2年前からツイッターにメンタル疾患持ちとしてアカウントを作ったけれど、鬱やパニック障害、不安障害を長い間患ってる人には、アダルトチルドレンの人が多いなあと感じている。それで、私ももしかしたらACなんじゃないかと疑っていた時期がある。今回の夢で、またそのことを思い出した。

 

母はルールに厳しい人ではあったと思う。中学生の時に友達の間でCDの貸し借りが流行っていて、私もみんなの輪に入るためにやりたかったけど、持っていくことは許されなかった。当然門限もあったし、大学生の時に初めてオールをした時には1週間口をきいてもらえなかった。ひっぱたかれたこともつねられたことも、家から閉め出されて鍵をかけられたことも数えきれない。

でも、そのことと愛情とは別問題だった。愛されていないのでは?と考えたことなど1度もなかった。

 

大人になってパニックを発症した10年くらい前から、母はメンタルの疾患に理解がないなぁと感じることが増えた。たとえば、実家に帰っているとき、私が夜に体調日記をつけていると、「そんなの書いてるから具合悪くなるんだよ」、などと言われる。「病は気から」と信じているタイプの人で、具合が悪そうにしていると怒られる。こっちは辛い素振りをすることもできない。症状でしんどいのに、そのしんどさを表に出さないように振る舞うのは輪をかけてしんどかった。

 

それでも、最近になって態度が軟化したなぁとも思う。実家近くの病院に検査に行くために実家に帰省しても、当日朝体調が悪くて行けない時もあって、最初のうちは怒られたり呆れられたりしていたけれど、私が意気消沈していると、何も言わないでいてくれるようになった。母なりに理解しようとしてくれているのを感じる。

 

せっかちで、シャイで、思ったことをズバズバ言ってしまうのは母の性格だ。私も大人になって、母も1人の人間なんだなとわかるようになった。母が毒親の条件から全て外れているとは思わないけれど、私の病気は母に影響されたものではないと信じる(毒親の要素が全くないという人も、珍しいのかもしれない)。

その証拠に私は大学生まで伸び伸びと学生生活を楽しんでいたし、鬱なんて自分から遠すぎてわからなかったし、自己肯定感も十分だった。

 

鬱やパニックや不安があっても、しんどい、行けない、できない、と言っているだけではいつまでも回復しないのは自分でもよくわかっている。せっかちな母は見ているだけでイライラしてしまうかもしれないけれど、黙って見守ってくれたら有難いと思う。

先週、パニックや不安障害から抜け出せるきっかけみたいなものを掴めた感じがして、今はだいぶ前向きに症状と向き合えるようになっている。春は毎年大きく調子を崩すのだけれど、今年の春はうまく乗り切れるだろうか。

 

 

私がなかなかブログを書けない理由

私は、物語なりエッセイなり、書くことをライフワークにしたいと思っていて、こうしてブログも作ったのだけど、ま~~~書かないねぇ。

 

理由は3つある。

 

1つは、(読まれることを意識して)書くことって頭を使うから。

頭を使うのは疲れるから。

上記の理由で最近あんまり本も読んでいない。

図書館で10冊マックスで借りてきて、1冊も読み切れず返すこととかあるからね。読書も、書くことと同様にライフワークにしたいと思ってるのだけど、集中力が続かないし、読んでると他のことしたくてそわそわしてくる。心が不安定だったりすると、読もうと思っても文字の上を視線が上滑りするばかりで、内容が全然入ってこないし。今ほど娯楽のなかった昔は、本ばかり読んでたんだけどな…。

 

2つめは、自分の書いた文を後から読むと、下手すぎて死にたくなるから。

こんな下手な文をネットの海に流すなんて恥ずかしすぎる。書いたそばから全部消してしまいたい。文章うまい人なんて腐るほどいる。うまい!と思う文章読むと打ちのめされる。私が書く必要なんてない…という思考の結果。

 

3つめは、「書きたいこと」と「書けること」に隔たりがあるから。

パニックや抑うつや不安神経症その他もろもろを患ってからというもの、家にひきこもって自分の病状や不安や辛さについて考えることに1日の大半を費やしているおかげで、それら(病気や症状のこと、病人として考えていること)についてならいくらでも書ける。永遠に書ける。だけど、そんな暗くて生産性のない話、誰も読まされたくないやろ?と思ってしまう。

そして、私が書きたいのはそういうことじゃない。書きたくないと言うと語弊があって、むしろそういうことを吐き出す場所が必要だとはずっと感じていて、病気のことや行き場のない思いも書いていきたいと思って、このブログも作った。

でも、本当に書きたいのは、仕事で経験したことや、旅行した先で見た景色や、人との触れ合いの中で感じたこと、だったりする。なのに実際は、病気で仕事を1年以上していない、旅行どころかパニックで電車も車もろくに乗れない、人との触れ合いと言えば夜帰ってきた夫と会話するだけって日もある、と、こんな自分である。書くネタに詰まったら外に出よう!とか言うけど、したくてもできない人もいるんやで…。

 

と、なかなか書けない理由を挙げてきたけど、投げ出してるわけじゃなくて。

1つめ、頭はちゃんと使うべきだと思うし、2つめ、書くことで(+読むことで)しか文章はうまくならないこともわかっている。ちゃんと頭を使って、地道に書くことを積み重ねて、自分の思い通りに言葉を紡げるようになれたらいいなぁと思う(書くの嫌いなのに無理してやるみたいな書き方だけど、書くことは嫌いじゃない)。

3つめはね、うーん。逆に病気で引きこもりの私だからこそ書けることもあるんじゃないかとも思う。誰かに共感してもらったり、誰かの気持ちの支えになれるかもしれないから、病気のことも書いていきたいと思う。前向きな時は前向きな思いを、ネガティブな時はネガティブな思いを。治療の話もね。絶対治すぞ!って気持ちももちろんある。

そのうえで、出掛けられた時にはそのことを書いたり、ろくに出かけられなくても、花の匂いとか、近所のスーパーでのこととか、狭い行動範囲でも書けることはあるんじゃあるまいか。お題スロットで過去の思い出話を訥々と語るのもアリだろう。

 

書くのは好きだけど、もっとうまくなりたい。そのためにはとにかく書くしかない。書いたそばから消したくなるような、恥ずかしい、ゴミみたいなガラクタみたいな文章を山ほど書こう。

ラッピング早めに買っておけ問題

今年のバレンタインはブラウニーを作った。

 

ベーキングパウダーは、カルディにてアイコクのアルミ不使用のものを購入。

製菓用チョコレートと無塩バターも調達。

 

しかし、前日の13日ともなると、ラッピング関連商品は売り切れてしまっているのね…

 

家の近くのホームセンターでブラウニーの型を物色していたら、隣に可愛いラッピング袋が他にないか、店員さんに聞いているお客さんがいらっしゃった。

店員さん「ここにあるだけですね…100均とかに行った方がいいかも」

お客さん「それがね、どこも全然なくて。もう3軒も回ったのよ~」

これから100均に買いに行く予定の私の心の中(マジか……!?)

そんで、行きましたけどやっぱり全然なかったよ。

早めに買っておかないとダメやね。

 

でも、イベント前日に品薄ってもったいないよな~と思った…

今日が1番売れるんじゃないのかしら??

 

帰ったらもう夜で、夕ご飯作る前に急いでチョコ作り。

ガトーショコラみたいに卵黄と卵白分けたり、ハンドミキサーで混ぜたり…って手順よりは楽だったけど、やっぱりお菓子作りは面倒くさい。。

湯せんのお湯がチョコを溶かしているボウルに入らないように細心の注意を払わなくてはいけないし、卵を混ぜてもったり重くなった生地を混ぜて腕が疲れて気持ち悪くなるし、洗い物は大量だし、

「こんなん自分のためだけには絶対作れねー!」

という気持ちになるのでした。

 

あと砂糖の量ね。スイーツの中にはこんなにたくさんの量の砂糖が入ってるのかと、お菓子作るたびに震える。こんな量の砂糖、一気に摂ったら身体に悪いわーやばいわー。

でも出来上がったお菓子を食べると止まらない。

 

先月インフルエンザなった時に食欲なくて減った体重が、順調に元に戻りつつあるので、このへんでちゃんと運動せねば。

同じ体重でも、つけるべきは脂肪じゃなくて筋肉! 

 

 

はじめるよったら、はじめるよ

立ち上げるだけ立ち上げて、2~3記事書いて放置してるブログや、書いたけど消してしまったブログがいくつかある。

方向性が定まらなかったり、ちゃんとした文章書かなきゃと思ったり、自分が思っていて書きたいことは人から受け入れられないんじゃないかとか、いろいろ考えると書けなくなってしまう。

でも、はてなでいくつかのブログにめぐりあったり、とあるブログ本を読み返したりして、気楽に書けばいいじゃん!って思い直したので、今日からまた書く。

30代前半、専業主婦、子無し、各種持病あり。

自宅でちょこっとライター業。保育士資格取得に向け勉強中。

書きたいことはたくさんあるけど、考えがまとまっていないことも多いので、普段は日記を書くことにして、なんか考えがまとまったらそれについて書くっていうスタンスにできたらいい。書いてるうちに、自分はどんなことを書きたいのかがわかってくるかもしらん。

書いている間に、思っていることをスムーズに文章にできるような力がつくといいな。